カシオ計算機は4月13日、カラーページプリンタの新製品として「SPEEDIA(スピーディア)N3500」を6月2日に発売すると発表した。

 カシオ計算機は4月13日、カラーページプリンタの新製品として「SPEEDIA(スピーディア)N3500」を6月2日に発売すると発表した。最大の特徴は「A3サイズ対応のカラーページプリンタとしては、世界最小の設置面積と最軽量を実現した」(樫尾彰取締役)点にあるとして、新製品投入を機に一般オフィス向け市場にも本格的に参入する意向を表明した。

 A4サイズの印刷速度と価格は、「N3500」がカラーで毎分24枚、モノクロが毎分30枚で、価格は24万8000円。下位モデルの「N3000」は、カラーが毎分16枚、モノクロが毎分30枚で、19万8000円。

 同社はカラーページプリンタではパイオニアの一社だが、これまではカラー必須用途の開拓に力を入れてきた。とくに長尺用紙や耐水紙など特殊用紙対応や、学校向け印刷管理ツールを揃えることなどにより、流通業界のPOP印刷、医療機関の薬袋印刷、小学校などで強みを発揮している。「特殊用途ではシェア10%は超えるはずだが、全体では3%弱」(藁谷幸司国内営業統括部システム企画部次長)としている。

 今回の新製品は、一般オフィスでも受け入れられることを最大の狙いにしており、その決め手として「小型・軽量・省スペースを追求した」(井上正広第四開発部長)としている。筐体サイズは幅590×奥行き539×高さ388mm、設置スペースは0.32平方メートルで重さは45キログラム。同社は、LED4連タンデム方式を採用しているが、新開発の独自トナーで小粒径化、ドラムの小径化などにより、小型・軽量化を実現した。