ケンウッド(河原春郎社長)は、携帯オーディオプレーヤーやPCなどの音楽ファイルを高音質で再生できる小型アンプ「KA?S10」とスピーカーシステム「LS?S10」を3月末に発売する。価格はオープン。実勢価格は「KA?S10」が2万円前後、「LS?S10」が1万5千円前後の見込み。

 小型アンプ「KA?S10」は音質を配慮して金メッキを施した入力端子を3系統装備。そのうち1つは音声出力レベルの低い携帯オーディオプレーヤーなどの接続を考慮し入力感度を高く設定した。

 アンプ部に12W+12Wのハイパワーアンプを搭載したほか、原音を忠実に再現するよう信号経路を合理的に配置した回路を採用した。サイズは、幅171×高さ67×奥行き207mm、重さ2kg。縦置きでも使用できるようスタンドが付属する。

 スピーカーシステム「LS?S10」は、コンパクトなキャビネットに、スクエアボイスコイルを採用したウーファーユニットや、100kHz再生対応ツィーターを搭載。小音量時でも高音質が楽しめる。スピーカー1本のサイズは幅102×高さ180×奥行き154mm、重さは1.7kg。