松下電器産業(中村邦夫社長)は2月14日、デジタルカメラ「LUMIX」に新たに3機種を投入すると発表した。28mm広角対応モデルでは世界最小の「DMC-FX01」と光学式手ブレ補正機能のコンパクトモデル「DMC-LS2」を3月10日、光学10倍ズームで世界最小サイズとなる「DMC-TZ1」を3月24日に発売する。

 「DMC?FX01」はFXシリーズの上位モデル。35ミリ換算で28-102mmとなる独ライカのズームレンズを採用、レンズ構成の小型化を図ることで28mm対応モデルでは世界最小を実現した。CCDは有効600万画素。300万画素モードでは光学式で最大5倍となる「EX光学ズーム」機能も装備する。光学式手ブレ補正ジャイロセンサーと最大ISO1600まで設定可能な高感度モードを搭載し、「手ブレ」と「被写体ブレ」を防止できるようにした。モニターは2.5型20.7万画素の高精細パワー液晶で明るさを40%向上。色はシルキーシルバー、ミスティピンク、パールホワイト、エクストラブラック4色。

 「DMC?LS2」は光学式手ブレ補正ジャイロセンサーと有効画素が500万画素のCCD、焦点距離35-105mmのズームレンズを搭載したコンパクトモデルタイプのデジタルカメラ。300万画素モードでは光学式で最大3.8倍となる「EX光学ズーム」機能も装備。高速AF機能「高速1点AFモード」を内蔵し、ピント合わせの時間を従来機種の半分の0.29秒まで短縮した。電源は入手しやすいよう単3形乾電池に対応した。付属のオキシライド乾電池を使えば約250枚の撮影が可能。モニターは2.0型の大型液晶モニターでハイアングル撮影でも画面が見やすい「ハイアングルモード」もそなえる。

 2機種ともに画像処理には、従来よりも低消費電力で高画質撮影の映像処理LSI「ヴィーナスエンジンプラス」を搭載する。

 一方、「DMC?TZ1」は旅行での使用を想定し、買い替え、買い増し需要を狙ったコンパクトサイズのデジタルカメラ。CDDは有効500万画素で、焦点距離が35mm-350mmの屈曲・沈胴式の独ライカの新開発ズームレンズを搭載する。新レンズを採用することで、光学10倍ながら幅:112×高さ:58.1×厚さ:40.2mmと世界最小サイズを実現した。映像処理LSIには高画質と高速応答が特徴の「ヴィーナスエンジンIII」を採用した。光学式手ブレ補正ジャイロと最大ISO1600まで高感度モードもそなえており、「手ブレ」「被写体ブレ」も防止する。「ワールドタイム」や「トラベル日付」機能など旅先で役立つ機能も盛り込んだ。シルキーシルバー、シャンペンゴールド、コンフォートブルーとバリエーションは3色。

 価格はいずれもオープン。実勢価格は「FX01」が4万8000円前後、「LS2」が2万5000円前後、「DMC?TZ1」が4万5000円前後の見込み。