ダイナコネクティブは、ハイビジョン用液晶パネルを採用した大型液晶ワイドテレビ「DY-LC/Aシリーズ」を発売した。ラインアップは26V型、32V型、37V型、40V型、42V型の5モデル。

 1本のケーブルでデジタル映像信号/音声信号を直接入力が可能な「HDMI」規格に対応。高画質・高音質なデジタル映像と音声が楽しめる。また、機器間での音声デジタル信号出力用インターフェース「SPDIF」規格を搭載し、機器間の転送による音質の劣化を抑えた。ほかにもハイビジョンパネル対応D4端子も装備。地上アナログテレビとCATVチューナーを内蔵する。地上デジタル放送を受信するには専用チューナーを別に購入する必要がある。

 液晶の応答速度は26型モデルが7ms、そのほかのモデルは8ms。輝度は32インチのSモデル、40インチモデルが500カンデラ、それ以外のモデルが600カンデラ。

 イオンやドン・キホーテ、オリンピックといったスーパー、ディスカウントストア、ホームセンターなどで販売する。価格はオープン。実勢価格は26インチの「DY-LC26A」が8万9800円、37インチの「DY-LC37A」が19万8000円、40インチの「DY-LC40S」が21万8000円、42インチの「DY-LC42A」が24万8000円。32インチは輝度が600カンデラの「DY-LC32A」と500カンデラの「DY-LC32S」があり、価格はともに12万8000円。