ナカバヤシ(中林五十一社長)は、高レベルの機密保持と大量処理を実現した「システムシュレッダHW?TDシリーズ」を12月に発売する。価格は3900万円から。

 同シリーズは個人情報をはじめとする大量の機密文書を破砕するだけでなく、印刷インクを溶解する方法でセキュリティを高めるとともに、リサイクル工程での処理を容易にする溶解技術システムを採用した。従来のシュレッダーでは機密レベル(裁断サイズの細かさ)を上げるほど処理能力が落ちるという問題があったが、文字をまったく残さない完全な機密処理と最大2トン/hの高い処理能力とを両立させた。