仏電機大手のトムソンは12月5日、日本法人のトムソン・ジャパン・アクイジションを通じて、カノープスの山田広司取締役会長とその親族から同社の発行済株式総数の33.33%相当分を譲り受けることで合意、さらに上記を除くカノープスの株式に対するTOB(公開買い付け)を開始すると発表した。

 TOB価格は直近30取引日の終値平均に約20%のプレミアムを付した価格に相当する1株当たり14万8000円。TOB期間は12月6日から06年1月16日まで。TOBでは、合計発行済株式総数の77.87%以上を取得することを条件として、応募株券の全てを買い付ける。TOBの成功後、最終的にはカノープスの株式を100%取得、カノープスの株式を東京証券取引所での上場を廃止する方針。

 トムソンは現在、傘下のグラスバレーで、デスクトップ・ビデオ編集、ビデオIPソリューション、デジタルメディア変換などの強化を目指しており、今回の買収もその一環。山田氏は引き続きカノープスの経営の指揮をとり、カノープスの現経営陣も、グラスバレー事業の経営陣のもとでそのまま事業運営にあたる予定。

 なおトムソンは、山田氏およびその親族に対して、譲り受ける株式の対価として、50%を現金、残りの50%をトムソンが保有している自己株式(821,917株)で支払うとしている。

 同日開催した記者会見で、カノープスは、これまで通り製品の販売、開発を継続するが、「差別化できない製品については今後の継続について検討する」(山田広司取締役カノープス会長)意向を示した。またトムソンは、日本市場でカノープスの販売チャネルを利用してコンシューマ製品を投入するほか、カノープス製品の世界市場拡大などのシナジーを図っていく方針。