ヤフー(井上雅博社長)は、インターネット関連の開発者向けにポータルサイト「Yahoo! JAPAN」の技術仕様を無料で公開するサービス「Yahoo!デベロッパーネットワーク」を開始した。

 「Yahoo!デベロッパーネットワーク」は、企業や個人が「Yahoo! JAPAN」のデータベースを使ってソフトやサービスを開発できるようにするサービス。まずは「Yahoo!検索」でのウェブ検索、画像検索、動画検索のAPI(Application Program Interface)を公開。そのほかのサービスの技術仕様も順次公開していく。同サービスを利用して開発したアプリケーションを紹介したり、開発者同士が交流できるコミュニティなどの機能も用意する。なお、スパム行為などの悪用を防ぐため、利用にはYahoo! JAPAN IDを取得し、さらにアプリケーションIDを登録する必要がある。

 ヤフーでは、このサービスを通じて外部の開発者のアイデアやノウハウなどを蓄積し、「Yahoo! JAPAN」でのサービスに活かすことが狙い。第一弾として、はてな(近藤淳也社長)が自社の検索サービス「はてな検索」に、「Yahoo!検索」のAPIを使ったウェブ検索の機能を追加した。