トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、スパイウェア対策専用ソフト「スパイバスター2006(仮称)」のベータ版の無料ダウンロードを開始した。提供期間は12月1日-13日まで。

 「スパイバスター2006(仮称)」は、トレンドマイクロが買収したスパイウェア対策専業メーカー米Intermute社のスパイウェア対策専用技術を使って開発したソフト。スパイウェア「クールウェブサーチ(CoolWebSearch)」専用の駆除ツールを搭載する。「クールウェブサーチ」はブラウザのホームページを書き換えたり、多数のポップアップ広告などを表示する悪質なスパイウェア。頻繁に亜種が登場しており、PCに侵入すると駆除することが非常に難しいといわれている。

 ベータ版では「クイック」「フル」「カスタム」の3つでPC内のスパイウェアの検索が可能で、PCをリアルタイムで監視しブラウザのホームページの書き換えやスパイウェアによる改ざんが疑われる設定変更を検出して通知する。アクセスしたホームページのアドレスなどPC内に蓄積される履歴情報を簡単に削除できるほか、新種スパイウェアの情報を収集し、対応に必要な情報ファイルを追加する機能も装備している。

 動作環境は、OSがWindows XP、2000のみ。CPUはPentium 300MHz以上、メモリ128MB以上など。トレンドマイクロでは06年1-3月には製品の発売を予定している。