スピーシーズ(春日知昭社長)は、ロボット開発用統合プラットフォーム「リアルモーションシステム」を12月25日に発売する。価格は、ハイエンド2足歩行ロボット「Speecys(SPC-003)」がセットで150万円。ロボットキットのみは78万円。

 「リアルモーションシステム」は、3次元設計ソフト「SolidWorks」と機構解析支援ソフト「COSMOSMotion」を連動させて使用できるようにするプラットフォーム。2つのソフトを組み合わせたことで高性能のロボットを開発できる。

 「リアルモーションシステム」「SolidWorks」「COSMOSMotion」 を組み合わせることで、すぐにコンピュータ上で3次元モデルを用いたロボットの機構を解析が可能。また「リアルモーションシステム」には、今回同時に発売される実機ロボットSPC-003 の3次元設計データが同梱されており、実機用のモーションエディタで作成したロボットモーションを3次元CAD上で動作させることもできる。このため、購入後すぐにロボット本体と3次元機構シミュレーション環境が利用できるのが特徴。なお「SolidWorks」「COSMOSMotion」は別途購入する必要がある。

 今回発売する研究・開発用ロボット「Speecys(SPC-003)」も、実際にこのプラットフォームを使用して製作した。同社は「基本設計は約2週間で、検証を含む設計完了までが約2か月。工程は従来より1/2-1/3に減らすことができた。また、26あるロボットの可動関節部分について、「重心バランス」「転倒」などのチェック・分析も短期間で検証できた。そのため従来よりもバランスの良い高性能のロボットに仕上がった」としている。