ラトックシステム(岡村周善社長)は、PS/2キーボードとUSBマウスのクロスインターフェイスを持つ据え置き型PC切り替え器「REX-220XA」「REX-420XA」の2モデルを12月中旬に発売する。

 「REX-220XA」は2台、「REX-420XA」は4台のPCを、1組のPS/2キーボードとUSBマウスで操作可能にするための切り替え器。2つのインターフェイスを搭載することで、PS/2接続のキーボードは、切り替え時にOS上で機器の切り離しや接続を必要とせず速い入力ができ、USB接続マウスはチルトホイールやボタン操作などの機能をそのまま使うことができる。

 ほかにもオーディオ機器の切り替え機能、きょう体前面にパソコンの状態が確認できるLED付きの切り替えボタンも装備する。外部電源は不要で、ポートの切り替えなしにシステム起動、再起動ができるほか、切り替えボタン、ホットキーの2通りの切り替えに対応する。

 対応機種はミニD-Sub15ピンモニタコネクタ、PS/2キーボードコネクタ、USBコネクタを装備したPC/AT互換機のWindowsPC、対応OSはWindows XP、2000、Me、98SE、Linux Ready !となる。