電通は11月28日、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京の在京テレビ局5社と協同で、インターネット上の映像コンテンツ流通を行う事業会社設立の検討を開始したと発表した。

 事業会社は、コンテンツを好きな時に視聴したいというユーザーが、自分の好みに番組などを安全で簡単に選択・視聴できるよう、テレビのような簡便なインターフェイスを整備、構築。各局が行う有料、無料のインターネットでの映像配信サービスを柱にコンテンツ流通に関するあらゆるサービスモデルを模索する。具体的な事業内容については、広く多方面から意見を集めながら、詳細を検討する。

 ブロードバンドの普及やTVとPCの融合が進むなど、インターネットでの動画配信環境が整いつつある状況で、6社では新会社を通じてインターネットでの映像配信を新たなビジネスとしつつ、拡大するインターネット広告を新たな収益源にしたい考え。