日立製作所ユビキタスプラットフォームグループ(江幡誠CEO兼グループ長)は、指の静脈パターンで個人認証を行う小型の指静脈認証装置を搭載した、世界初となるモバイルノートPC「FLORA Se210 指静脈認証装置内蔵モデル」を12月1日に発売すると発表した。税込み価格で19万4250円。

 指静脈認証には、同社の中央研究所が開発した「下方放射」と呼ばれる方式を採用した。指の裏側に光を照射し、静脈を透過した光を利用して認証。PCに搭載した小型指認証装置と、ユーザーごとの認証用静脈パターンを記録したメモリ「KeyMobile」内のデータを照合して本人と確認する。

 「KeyMobile」を使って指静脈装置を搭載した別のPCを操作したり、1台の装置搭載PCを複数で利用することも可能。装置を内蔵しつつ、重さを1.27Kgにおさえ、携帯性も追求した。

 CPUは、Celeron 600MHz、メモリ256MB、12.1型XGAのTFT液晶を装備。EEE802.11a/b/gの無線LANにも対応する。HDDは搭載していない。OSはWindows XP Embeddedになる。

 同時に、「FLORA Se210」も発売する。税込み価格は16万8000円。指認証装置を内蔵しない以外、機能は「FLORA Se210 指静脈認証装置内蔵モデル」と同じ。