クリエイティブメディア(クリエイティブ、シム・ウォン・フー社長)は、携帯オーディオプレーヤー「Creative Zen Neeon(ゼン ニオン)」の新モデルを12月中旬に発売する。記録媒体がHDDだけだった同シリーズに、新たにメモリタイプを追加することでラインアップを拡充する。

 ラインアップは2GB、1GB、512MBの3機種。MP3、WMA、Waveの音楽ファイルの再生ができ、Windows Media Audioの著作権保護機構にも対応する。ライン端子を備えており、CDやMDプレーヤー、カセットデッキから直接録音することもできる。ほかにも内蔵マイクやFMラジオの受信、録音機能も搭載する。

 ディスプレイに解像度が128×64ピクセルの2色有機ELを装備。本体にはスクローラーを採用し、片手で音楽ファイルの検索や再生などができるようにして操作性を高めた。バッテリーには内蔵リチウムイオンバッテリーを使用し、1回の充電で32時間の連続再生ができる。サイズは幅:46.9×高さ:79.9×厚さ:15.9mmで、バッテリー込み重量はおよそ55g。人物のイラストが描かれた6種類のプレーヤー外装用シール「Creative Stik-On(スティックオン) スキン」のうち1枚を同梱する。

 価格は、3モデルともにオープン。Web直販価格では、ボディーカラーがシルバーでフラッシュメモリが2GBタイプの「CZN2G-SL」が2万3800円。ブルーで1GBタイプの「CZN1G-BL」が1万8800円、パープルで512MBタイプの「CZN512-PU」は1万4800円。

 同時にストラップ付きの外装用シール「Zen Neeon用 Creative Stik-On ストラップ付きスペシャルパック」12種類も発売する。価格はオープンで、Web直販価格は880円。