がくげい(神野俊彰社長)は、英語検定試験、TOEICの文法問題練習ソフト「TOEIC TEST文法問題を鬼のように特訓するソフト!」を12月9日に発売する。3つのステップを繰り返し学習する「特訓方式」で文法知識を身に付けるのが特徴。価格は3675円。

 「解説コーナー」「要点チェック」「特訓問題」の3ステップで文法問題を練習する。まず「解説コーナー」では、図を使ったわかりやすい解説で、テストに必要な文法知識を学習。次に「要点チェック」で、問題演習をゲーム形式で行い、単語、フレーズを見てすぐ答えられる瞬発力を養う。最後に「特訓問題」で、学習した内容を242問の空所補充、正誤問題形式で練習する。「特訓問題」では、目標スコア別に制限時間を設定する機能も設け、短時間で効率良く解答できるトレーニングもできるようにした。

 さらに、問題数、パターン別出題率、解答時間がTOEICのテストと同様の内容となる「模擬試験」も収録。終了後には予想スコアが表示される。問題数は482問で、毎回ランダムに出題する形式で学習者が飽きないように工夫した。

 動作環境は、OSがWindows XP、2000、Me、98、Mac OS 9-10.4。Windowsで300MHz以上のプロセッサ、MacintoshではPowerPC300MHz以上など。