マイクロソフト(MS、ダレン・ヒューストン社長)は、プレゼンテーション用ソフト「PowerPoint 2003」で使用期間を1年に限定した「PowerPoint 2003 1Year スターターパッケージ」を11月25日に発売する。価格は7980円。

 「スターターパッケージ」は、使用期間と数量を限定し販売する「PowerPoint 2003」の廉価版パッケージ。ユーザーは、ソフトインストールとライセンス認証後、1年という期限付きで「PowerPoint 2003」の通常版と同じ機能を利用することができる。販売本数は6万本となる。

 機能面での通常版との違いは、「サポートサービスが1回のみ」「アンインストール後に別のPCにインストールが不可」「PowerPoint 2003アップグレード版によるアップグレードができない」――などとなっている。動作環境は、OSがWindows XP、2000、CPUがPentium 233MHz以上、メモリ128MB以上など。

 なお、製品には7980円をキャッシュバックするクーポン券が付く。「PowerPoint 2003」の通常版や「Office」を購入したり、次期バージョンのソフトが発売された時のアップグレードなどで利用できる。キャッシュバック対象製品の購入期間は、11月25日-2006年2月28日までで、申し込みは、12月5日-2007年2月28日までとなっている。