セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ、鈴木敏文CEO)傘下のセブン-イレブン・ジャパン(セブン-イレブン、山口俊郎COO)と、ヤフー(Yahoo! JAPAN、井上雅博代表取締役社長)は11月18日、包括的な業務提携に向けた検討を開始することで基本合意したと発表した。

 セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイ、鈴木敏文CEO)傘下のセブン-イレブン・ジャパン(セブン-イレブン、山口俊郎COO)と、ヤフー(Yahoo! JAPAN、井上雅博代表取締役社長)は11月18日、包括的な業務提携に向けた検討を開始することで基本合意したと発表した。

 ヤフーのインターネット上の集客力や総合力と、セブン-イレブンが展開する約1万1000店舗のリアルネットワークを融合させ、顧客満足度の高いサービスの実現をめざす。検討を開始する案件の例として両社は、(1)インターネットオークションに関する物流と決済拠点の連携、(2)共同インターネットサイトの構築・運営、(3)地域情報関連サービス、(4)会員獲得、(5)チケットの発券サービス、(6)決済関連ビジネス──などを挙げている。

 具体的には、(1)インターネットオークションに関する物流と決済の拠点については、セブン-イレブン店舗を拠点とした落札品の物流、受け渡しを行ったり、セブン-イレブン店舗における落札代金等の収納代行を行う。(2)共同インターネットサイトの構築・運営では、セブン-イレブン店舗のプロモーションを行う共同インターネットサイトの構築・運営、Yahoo! JAPANサイトの関連コンテンツ内からの共同サイトへの誘導、Yahoo! JAPANサイト内の広告からの共同サイトへの誘導など。(3)地域情報関連サービスでは、セブン-イレブン・ジャパンがもつ商品販売データ等とYahoo! JAPANのインターネット上の各種データを連動させた、双方向での来店促進、販売促進など。

 また、(4)会員獲得では、セブン-イレブン店舗でのYahoo!クーポンの利用、Yahoo!クーポンを活用したセブン-イレブン店舗への来店促進など、Yahoo!クーポンサービスとセブン-イレブン店舗との連携。セブン-イレブン店舗におけるパンフレットの設置などによる各種Yahoo! JAPANサービス利用者獲得の促進など。(5)チケットの発券サービスでは、Yahoo!チケットで販売した興行チケットなどのセブン-イレブン店舗における発券・受渡し。(6)決済関連ビジネスでは、セブン-イレブン店舗における「Yahoo! JAPANカード」の利用促進および関連業務やセブン-イレブン店舗におけるYahoo!ポイントの利用、などを計画している。

 なお、セブン-イレブンとヤフーは、両社が出資するセブンアンドワイの資本移動を両社間で06年2月をめどに行うことについても同時に合意。この結果、セブンアンドワイはセブン&アイの連結子会社となる予定。