アマゾンジャパン(ジャスパー・チャン社長)は11月17日、オンラインストア「Amazon.co.jp」で10ストア目となる「スポーツ」ストアを同日にオープンしたと発表した。ゴルフ、サッカー、野球など各種スポーツ用品、アウトドア用品、フィットネス関連商品を含む10万アイテムを取り扱う。

 「スポーツ」ストアは、米「Amazon.com」が03年にオープン。以来、米国以外での開店は今回の日本が初めて。取り扱いメーカーは、ブリジストン、ダンロップ、ミズノ、ナイキ、アディダスなど約600社。単価で数百円から最高300万円までの商品を取り扱う。

 機能面では、シューズやユニフォームなどの商品サイズや色を一度に選択して購入できる機能を追加。またゴルフ関連商品については、「ドライバー」「アイアン」「ゴルフボール」などの詳細ジャンルごとに、メンズ、レディース、ブランド別にカテゴリー分けした。そのほか、他のストアでも提供している検索機能や、顧客の購入履歴やクリック履歴に基づいて商品を推奨するパーソナライゼーション、カスタマーレビューの機能なども同様に適用される。

 ジャスパー社長は、「国内のスポーツ関連のオンラインショップでこれほどの規模はない」ことや、米国よりもゴルフが盛んな日本での「スポーツ」ストア開始に大きく期待していると語った。

 なお、ゴルフ商品については、1点につき5000円以上の購入で商品金額に応じて最大20%分をAmazonギフト券で還元。また「スポーツ」ストアのオープン記念として、11月17日から12月10日までの間、ストア内の商品を1回合計5000円以上購入すると、最大20%分をAmazonギフト券で還元するうえ、その場で利用できる500円分のAmazonギフト券をプレゼントするキャンペーンを実施している。