ニフティ(古河建純社長)は11月17日、ポッドキャスティングとビデオポッドキャストに対応したソフトウエア「Podcast Juke(ポッドキャスト ジューク)ベータ版」の提供を開始したと発表した。またポッドキャスティング対応ツール「Podfeed(ポッドフィード)」をビデオポッドキャストにも対応させた。いずれも利用料は無料。

 「Podcast Juke ベータ版」は、ポッドキャスティング、ビデオポッドキャストに対応したソフトで、サイトから配信される音声・映像のファイルを自動的に受信し、「iTunes」と「Windows Media Player」に転送できる。受信可能なファイル形式は、MP3/MOV/MP4/M4V/WMA/WMVなど。対応OSは Microsoft Windows XPとWindows 2000。

 これまで、ポッドキャスティング対応のソフトは、「iTunes」に対応したものがほとんどだったが、「Podcast Juke ベータ版」では、利用者はポッドキャスティングを「Windows Media Player」でも楽しむことができるようになる。

 一方「Podfeed」は、個人のブログでポッドキャスティング・ビデオポッドキャストを簡単にはじめられるツール。配信可能なファイル形式はMP3/MOV/MP4/M4V/WMA/WMVなど。

 なお、今回のビデオポッドキャスト対応にあわせて、同社提供のブログサービス「ココログ」で、1ファイルあたりの最大アップロードサイズを、10MBから40MBに拡大、ココログベーシックの1日あたりの最大アップロードサイズも20MBから40MBに変更した。