クイックサン(安達寛高社長)11月16日、ブラウザメーカーのフェンリル(大阪府藤井寺市、柏木泰幸代表取締役)と業務提携し、リビングにあるテレビパソコンやパソコンに接続してあるテレビで、簡単にインターネットを利用できるようにするためのブラウザ「lipiiリビングブラウザ」を12月1日からダウンロード開始(無料)すると発表した。

 「lipiiリビングブラウザ」は、フェンリルが開発しているブラウザ「Sleipnir」をカスタマイズし、インターネットをテレビのチャンネルを変えるような感覚で簡単に操作できるようにした。

 「lipiiリビングブラウザ」を使うと、ウェブページ内のテキストや画像などに100から999までの番号が自動的に割り当てられる。この数字をリモコンで入力してエンターボタンを押すと、リンクにジャンプするようになっている。

 この操作には、パソコンに専用の受光器「lipii Beam Station」をUSB接続し、クイックサンがすでに販売している多機能リモコン「Lipii PA-301」や、赤外線通信機能付き携帯電話に専用ソフト「lipiiアプリ」をダウンロードすると携帯電話をリモコン代わりに利用できるようになる。「lipiiアプリ」のダウンロード開始および、「lipii Beam Station」販売開始も12月1日からとなっている。

 なお、ソフマップがパソコンに専用の受光器「lipii Beam Station」を内蔵したオリジナルパソコン「携帯対応PC」を12月5日に発売する。