松下電器産業(中村邦夫社長)は、15V型液晶テレビ「TH-15LA50」を12月5日に発売する。広い視野角と高精細な映像を映し出せるのが特徴。価格はオープン。実勢価格は6万8000円前後。

 液晶に広視野角が特徴のIPS方式パネルを採用。業界最高水準となる上下左右で178度の視野角を実現した。XGAで水平1024×垂直768の画素数を持ち、高精細な映像を楽しむことができる。D2端子を装備し、DVDプレーヤーやBSデジタルチューナー接続すれば、プログレッシブ映像を観ることも可能。また、PC入力端子も備えるため、PCモニタとしても利用できる。

 本体は、横幅が36.7cmと同社の14型液晶テレビと同サイズのコンパクトな設計にした。持ち運びに便利なキャリングハンドルや左右各30度、前面5度、後面10度と本体の角度を調節できる機能を搭載するなど使い勝手も考慮した。