セイコーエプソン(花岡清二社長)は、クールダウンが不要の「ワンタッチオフ」を搭載したオフィリオプロジェクター「EMP-82」を、エプソン販売(真道昌良社長)を通じて11月中旬に発売する。税別価格は19万8000円。

 3LCD方式のモバイルプロジェクターで、ビジネス用途で必要とされるXGA(1024×768ドット)の解像度と、2000ルーメンの輝度をもつ。また、ランプの光効率を向上させ、独自の多重反射式高効率ランプ「E-TORL(Epson-Twin Optimize Reflection Lamp)」の搭載により、高い輝度効率を達成した。4系統の映像を同時に入力可能なインターフェイスを装備し、複数のパソコンやビデオ機器の同時接続が可能。また、5Wのスピーカーを内蔵する。

 なお、発売記念キャンペーンとして、机上設置と掛図使用が可能な50型相当の携帯型スクリーンをセットにした「スクリーンセットモデル」(EMP-82SP)も限定3000台で、同じく19万8000円で発売する。