アロシステム(大野三規社長)は、ハイエンドノートPC「Lesance CL511RN」を発売した。3Dゲームに対応できる高性能ながら低価格を実現したのが特徴。

 「Lesance CL511RN」は15インチTFT液晶ディスプレイのノートPC。CPUにインテルのPentium Mを採用。マザーボードにインテル915PMチップセット、グラフィックカードがRADEON X700、DDR2メモリをはじめ、1400×1050の高解像度液晶を装備するなど3Dゲームに対応する高性能な部品を搭載した。30万画素のCCDカメラも内蔵する。OSはWindows XP Home Editionのみ。

 BTOに対応し、CPU、HDD、メモリをユーザーが選択して自分の好きなスペックに仕上げることが可能。価格は、CPUがPentium M、メモリ512MB、HDD40GBでOS付属の最小構成の場合で、14万8980円。OSなしの場合は、13万8980円。