ニコン(苅谷道郎社長)は11月8日、デジタル一眼レフカメラ用リチウムイオンバッテリーEN-EL3の一部で、まれに発熱し電池が変形したり、場合によっては発火する恐れがあるとして、対象製品の回収・交換を実施すると発表した。同社ではこれまで全世界で4件の事故を確認しているという。

 対象となるEN-EL3は、ニコンデジタル一眼レフカメラD100、D70、D70s、D50に使用可能のバッテリー。D100、D70、D50には付属して販売しているもの。このうち、4桁の製造ロット番号の上3桁が、44A、 46A、47A、48A、49A、4AA、4BA、4CAとなっていのものの一部がリコール対象となる。なお、EN-EL3aとEN-EL3eでは問題はない。

 バッテリー回収・交換は11月9日に開設する専用窓口で申し込む。電話番号は「0120-866-744」で、9時から18時までの年末年始をのぞく毎日受け付ける。