高電社は、中国語統合ソフト「ChineseWriter8」と、同ソフトの上位版「ChineseWriter8 MASTER」を11月18日に発売する。価格は、「ChineseWriter8」が3万1290円、「ChineseWriter8 MASTER」が3万6540円。

 従来より収録している小学館の日中・中日辞典に加え、大修館書店の中日大辞典など合計5種類の辞典を追加。基本用語から、新語、ビジネス、パソコン用語、成句、複数のキーワードを含む例文まで検索できる「中国語デジタルマルチ大辞典」。また、香港でのビジネスや観光に役立つ「広東語入力」に、日本で初めて対応。中国語の読みをアルファベットで表現するピンイン付きフォントも強化し、教材作成などに活用できるようピンインサイズを自由に調節できるようにした。

 このほか、IMEの変換辞書に19万5000語を追加、人名・地名入力を新たに採用し変換効率を向上させた。また、カーソル位置ですぐに日中翻訳できる機能も新搭載。好評の中国語手書き入力は、2面入力の採用でさらに便利になった。

 上位版の「ChineseWriter8 MASTER」には、発音が重要な中国語の学習を支援する「抑揚変換 for ChineseWriter8」と、中国語検定3級と4級の単語約2000語を、ネイティブ音声を聞きながら予習、テストできる「中国語検定3&4」を採用。また、これらの新機能に役立つ音声入力マイクを同梱した。

 同社では、企業、官公庁、教育機関へのライセンス販売を含め、2ソフト合計で2万本の販売を目指す。