ヤマハ(伊藤修二社長)は、エレキギター「加山雄三モデル SG3KY」を45本限定で製作、加山プロモーションを通じて販売すると発表した。ヤマハエレキギター発売40周年と加山雄三氏デビュー45周年を記念したモデルで、価格は88万円。出荷は06年1月の予定。

 『SG3KY』は、ヤマハエレキギターの元祖「SG3」シリーズをベースに、加山氏が自らの理想のギターとして同社と共同開発したもの。加山氏の愛艇「光進丸」をモチーフにしたヘッド・ボディ形状、海をイメージさせる深い青を使用したボディカラーなど、デザイン面で加山氏のアイデアがふんだんに生かされている。

 サウンド面でも加山氏好みの設計とし、加山氏指定のエフェクターやチューナーの内蔵など、「加山サウンド」に特化したチューニングが施されている。トレモロアームも加山氏の手に合わせた形状としたほか、フレットのサイドポジションマークとして光る青色LED埋め込んだ。

 11月8日から名古屋三越栄本店(電話:052-252-1111)で開催する「デビュー45周年加山雄三展」で実機を展示。予約は同会場とオフィス・ヘンミ(電話:03-5570-4888)で受け付ける。