長瀬産業(長瀬洋社長)は、LANを使ってPCのコンテンツをテレビなどで楽しめるネットワーク・メディアプレーヤー「TRANSGEAR DVX-700 M10」(有線LANタイプ)と、「TRANSGEAR DVX-700 M20」(無線/有線LANタイプ)の2機種を11月10日に発売する。同社のWeb直販のみで販売する。

 「ネットワーク・メディアプレーヤー」は、LANでプレーヤーを仲介してPCとテレビやオーディオ機器と接続し、PCのHDDに保存された映像、画像、音楽ファイルなどをテレビやオーディオで楽しむことができる機器。

 新製品は、ホームネットワークでPCやデジタル家電同士の接続規格「DLNA(デジタル・リビング・ネットワーク・アライアンス)」に対応。同様に対応するコンテンツを保存する機器の制御端末として使用できる。

 本体に着脱式HDDの専用ベイを装備。PC内の映像・音楽ファイルなどをコピーしたHDDを別売りのカードリッジで「DVX-700」に装着すれば、PCを立ち上げなくても、コンテンツを楽しむことが可能。また、DVDビデオをはじめ記録型DVDやCD-Rに対応する再生専用のDVDドライブも搭載する。

 無線機能内蔵の「DVX-700 M20」は、最高速度が54MbpsのIEEE802.11b/gの通信規格準拠し、対応するアクセスポイントと組み合わせれば、コンテンツもワイヤレスで楽しめる。

 価格は、2機種ともオープン。実勢価格は、有線タイプの「DVX-700 M10」が2万9800円前後、有線・無線タイプの「DVX-700 M20」が3万2800円前後。同じくオープン価格となるオプションのHDD用カードリッジは3.5インチ、5インチ用ともに実勢価格が1980円前後となっている。