プラスビジョン(福島眞一社長)は、短焦点ズームレンズを搭載したリアルXGA対応のDLP式プロジェクター「U7-137SF」「U7-132hSF」2モデルを11月14日に発売する。価格は、「U7-137SF」が68万400円、「U7-132hSF」が62万7900円。

 長時間の使用でも画質劣化が少ないDLP方式の特性を生かしたハイパフォーマンス・プロジェクター「U7シリーズ」の新モデル。同シリーズとしては初めて「短焦点ズームレンズ」を搭載し、大会議室やセミナールームに加え、投映距離が短いスペースでも大画面投映を可能にした。具体的には、プロジェクターとスクリーンの距離が3.1mで100インチ、2.5mで80インチの大画面に投映可能だ。

 輝度はどちらも3500ルーメンで、上位モデル「U7-137SF」は、3.1kgの軽量ボディに、ワイヤレスプレゼンテーションを可能にする無線LAN技術や、有線ネットワーク機能、CFカードスロット、USBポートなどを搭載。パソコンを使わずにCFカードやUSBメモリに保存した画像ファイルやPowerPointファイルを投映できる。

 一方、「U7-132hSF」では、モバイルプロジェクターで培ったノウハウを生かし、輝度を変えずに、3.0kgに軽量化を図った。3500ルーメンの輝度は3.0kg以下のクラスで世界最高輝度となる。