コダック(小島佑介社長)とワーナー・マイカル(ミラード・L・オゥクス社長)は11月1日、国内市場初となるHD(High Definition)対応の「コダック デジタルシネマ プリショー システム」の導入で合意したと発表した。

 これに基づき、ワーナー・マイカルは、関東圏にある、多摩センター、板橋、みなとみらい、つきみ野、新百合が丘、大井、熊谷、大宮、市川妙典、ユーカリが丘の10劇場、合計86スクリーンに対して、同システムおよびDLP方式のプロジェクターを、11月中旬から12月中旬にかけて順次導入する。

 「コダック デジタルシネマ プリショー システム」は、本編上映前のスクリーン広告や館内案内などのプリショーコンテンツを上映するために、コダックが設計・開発したシステム。サーバー/コンテンツプレーヤー/プロジェクター/コダック独自のソフトウェアなどで構成され、従来のスライドやフィルムに代わってコンテンツをデジタル化する。これによって、劇場の来場者にハイビジョン並みの高画質映像と5.1チャンネルサラウンドの高音質な環境を提供できるほか、広告コンテンツのフィルムへの変換費用が不要になるため、広告製作費のコストダウンが可能になる。

 米国・カナダでは、スクリーン広告上映用システムとして、すでに1500を超える導入実績をもつが、北米以外での導入は今回が初めて。今後、世界の劇場に向けて導入を拡大していく計画。また、同システムでの実績をもとに、本編上映用の本格的な「コダック デジタルシネマ プリショー システム」の導入準備も進めていく。