三洋電機(井植敏雅社長)は、同社の新コンセプト「Think GAIA」商品の第1弾として次世代ニッケル水素電池「eneloop(エネループ)」を11月14日に発売。繰り返し充電とリサイクルでゴミを減らし、「電池を使い捨てない生活」を提案する。

 約1000回の充電ができ、充電を繰り返すほど連続使用時間が短くなるメモリー効果も抑えた。乾電池と同じように、購入直後でも充電することなく使えるのが特徴。外装などのパッケージを単一の素材を使って分別の手間を減らすなど、環境への配慮もしている。

 価格は、単3形2個パックが1155円、単4形(06年1月24日発売)2個パックが945円など。単3形の同電池2個とこれに対応するコンパクト急速充電器をセットにした「N-MDR02S」も発売する。価格はオープン。