ソニー(ハワード・ストリンガー会長兼CEO)は、同社のデジタルスチルカメラ「サイバーショット」シリーズで810万画素の「DSC-N1」と手ブレ補正機能を搭載した600万画素の「DSC-T9」の2機種を11月18日に発売する。価格は2機種ともオープンで、実勢価格は「DSC-N1」は6万円前後、「DSC-T9」が4万7000円前後の見込み。

 サイバーショット「DSC-N1」は、有効画素数が810万のSuper HAD CCDを採用。独カールツァイス社製の「バリオ・テッサー」レンズと組み合わせることで、髪の毛や肌の質感を忠実に再現できる高解像度を実現した。

 ISO800までの高感度で撮影できるのが特徴。被写体ブレを防ぎ、夜景や暗い室内でもフラッシュを使わずに撮影できる。また、高感度撮影時に発生しやすいノイズを抑え、高画質を維持する「クリアRAW NR(ノイズリダクション)」機能も新たに備えた。

 一方、サイバーショット「DSC-T9」は、有効画素数が600万画素で、光学式の手ブレ補正機能が特徴。手ブレ補正ユニットを従来よりも小型・軽量化にすることで、わずかな手の揺れも感知して補正できるようにした。「DSC-T9」もISO640までの高感度撮影に対応し、被写体ブレを防止、暗所でのフラッシュなし撮影ができる。

 また、被写体が持つ色の艶や細部を鮮明に表示させるため、新たに開発した解像度23万ドットの2.5インチTFT液晶モニタ「クリアフォト液晶プラス」を採用。同社の従来モニタよりも色再現性が62%向上した。