ジャストシステム(浮川和宣社長)は10月31日、ワープロソフト「一太郎2006」、統合グラフィックソフト「花子2006」、日本語入力システム「ATOK 2006」、「一太郎2006」と「花子2006」に「PDFから一太郎!」と「Justsystem PDF Creator LE」を搭載した「一太郎2006&花子2006スペシャルパック」を来年2月10日に発売すると発表した。

 ジャストシステム(浮川和宣社長)は10月31日、ワープロソフト「一太郎2006」、統合グラフィックソフト「花子2006」、日本語入力システム「ATOK 2006」、「一太郎2006」と「花子2006」に「PDFから一太郎!」と「Justsystem PDF Creator LE」を搭載した「一太郎2006&花子2006スペシャルパック」を来年2月10日に発売すると発表した。

 浮川社長は、「1年に1回バージョンアップするのかという声もあるが、年に1回は新たに機能を組み込んでいく必要があると決めている」ことから、「顧客の声を聞いた上で研究に取り組み改善を図る」方針を述べた。また、「ジャストシステムは、一太郎で成長してきた。ジャストシステムの製品は、全て一太郎ベースになっている」と、熱意を語った。

 「一太郎2006」は、ユーザーインターフェイスを強化したほか、情報漏えい対策機能として、文書配布前の提出確認のための「提出確認」を新たに搭載。文書作成から活用までの過程を効率化するなど、機能強化を図った。また、マイクロソフトのWord文書の互換精度向上も図っている。そのほか、06年夏をめどにXML形式のファイルフォーマット「OpenDocument」へ読み込み、書き込みができる追加モジュールを無償提供する予定。

 「花子2006」は、複数ページの文書作成のためのスライド表示や、より分かりやすい資料作りのための図解表現力を強化した。また、最新の「AutoCAD2006」までのDXFファイル形式サポート、「PowerPoint」、「MS Office」の描画オブジェクトツール類のコンバータの精度向上を図っている。

 「ATOK 2006」は、単語間の関係情報を拡充し、同音語を変換しわける精度が向上。また、新しく入力した単語を「シフト」+「エンター」キーで登録して次回からの入力・変換を学習する機能など、各種機能強化を図っている。

 価格それぞれ税別で、「一太郎2006」製品版が2万円、「ATOK 2006」が8000円、「同 電子辞書セット」が1万1000円、「花子2006」製品版が9800円、「一太郎2006&花子2006スペシャルパック」は、2万5000円となっている。