「J:COM」のブランドでケーブルテレビ事業などを運営するジュピターテレコム(森泉知行社長)は10月27日、ウィルコム(八剱洋一郎社長)とモバイル事業について提携し、ウィルコムの移動体端末をJ:COMブランドで販売することで基本合意したと発表した。06年3月をめどに、J:COMの加入世帯向けに新サービス「J:COM MOBILE」を開始する。

 新サービスは、月額2900円でウィルコム間の通話と電子メールが無料となる「ウィルコム定額プラン」をベースに、J:COMブランドで移動体通信サービスを販売するもの。ウィルコム加入者と「J:COM MOBILE」加入者の間の通話は、ウィルコム加入者同士と同様、無料となる。

 端末は、ウィルコムが11月から販売する新機種を採用し、J:COMのロゴを付加したオリジナルデザインとなる予定。さらに、既存のJ:COMサービスとのバンドル契約による基本料金割引や、固定電話サービス「J:COM PHONE」との優遇通話料金を導入し、料金はJ:COMから一括で請求する。今後、両社でサービスの詳細を詰め、年内に仕様を固め、本サービスを開始する計画。キャンペーン告知や事前申込み受付も行う。

 ケーブルテレビ事業者、通信事業者では、映像、ネット接続、電話の3サービスを組み合わせた「トリプル・プレイ」の提供が主流となりつつあるが、これらに移動体通信サービスを加えた「グランドスラム」を提供する試みは、J:COMが初めて。新サービスの導入により、加入世帯の利便性の向上を図り、顧客満足度アップにつなげたい考え。ウィルコムとしても、200万世帯にのぼる有力な潜在顧客層を得ることができ、J:COMを通じた新たな販売チャネルの構築を狙う。