ベンキュー ジャパン(李錫華社長)は、ポータブルプロジェクター「MP610」を10月28日に発売する。明るい部屋でも投影が可能な2000ルーメンの明るさと運転音25dbと静音性に優れているのが特徴。価格はオープンで、実勢価格は7万9800円。

 「MP610」は、光をデジタル制御するDLP方式のプロジェクターで、「PB6110」の後継機種。従来製品よりも明るいランプ部品を採用することで、10万円以下のプロジェクターで2000ルーメンという光束(目に見える光の量)を実現した。ランプの色を着色するカラーフィルターのカラーホイールでRGBと白の4色に黄色を追加することで、パステルカラーも再現できるようにした。

 また、2つの大型ファンが低速で回転する構造にすることで、運転音を25dbまで抑えた。PCやビデオなど入力する映像に合わせ、9つの投影モードも搭載している。