キヤノンは、同社初の無線LAN通信機能内蔵のデジタルカメラ「IXY DIGITAL WIRELESS」を12月上旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

 IXY DIGITALシリーズの次世代モデルとして、無線LANの標準規格IEEE802.11b(Wi-Fi認定)に準拠した無線LAN通信機能を内蔵。プリンタやパソコンとワイヤレスで通信できる。

 付属の「ワイヤレスプリントアダプターWA-1」をPictBridge対応プリンタに装着すれば、手軽に「ワイヤレスダイレクトプリント」が可能。「WA-1」は、通信相手としてカメラに事前登録されているため、面倒な初期設定を行う必要がなく、無線LANの専門知識がないユーザーでも簡単に利用できる。

 パソコンとのワイヤレス通信では、カメラ側の操作だけでパソコンに接続されたプリンタから印刷できる「パソコン経由プリント」もでき、撮影した画像をカメラ内のメモリーカードに記録すると同時に、パソコンにも転送・保存できる「撮影同時転送」や、パソコンからカメラを遠隔操作して撮影が行える「ワイヤレスリモートキャプチャー」など、多彩な機能を搭載している。

 なお、カメラの基本機能は、液晶モニタが2.0型に変更されたほか、05年9月発売の有効500万画素・光学3倍ズームの「IXY DIGITAL 60」相当となっている。