マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は10月25日、Windows Server 2003をベースにしたホスティングサービスの利用者拡大に向け、11月1日からキャンペーンを展開すると発表した。「スタート・マイ・ドメイン」キャンペーンの名称で、カゴヤ・ジャパン(北川貞大代表取締役)などホスティング事業者5社のサービスを通じ、新規ドメイン取得無料、月額換算の利用料1000円以下などの特典を提供する。実施期間は2006年1月31日まで。

 個人や企業向けにホームページスペースを提供するホスティングサービスは、現在そのサーバーの多くがLinuxベースで稼働している。マイクロソフトではホスティングサービス事業者5社と組み、各事業者にWindows Server 2003ベースのサービスを立ち上げてもらうことで、「ウィンドウズプラットフォームによるホスティングサービス」(鈴木協一郎・執行役デベロッパー&プラットフォーム統括本部長)を日本市場に浸透させていきたい考え。

 キャンペーンに参加するのは、カゴヤ・ジャパン、コザック(河端善博社長)、GMOホスティング&セキュリティ(青山満社長)、データ・ジャパン(塚田邦男社長)、ファーストサーバ(岡田良介代表取締役)。各事業者は、それぞれ「ドサバ」「cervi」「アイルホスティングサービス」「Active Web」「パーソナルデベロッパーズプラットフォーム」の名称で提供している個人向けホスティングサービスに、各種特典を付与する。