AVCテクノロジージャパン(矢野間也寸志取締役COO)は、「TSUTAYA」をフランチャイズ展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、増田宗昭社長)に対して、デジタルオーディオプレーヤー「SIGNEO(シグネオ)」の「TSUTAYA」向け専用モデル「SN-T100 TSUTAYA Edition」のODM供給を開始する。専用モデルは、全国の「TSUTAYA」各店において11月20日から販売開始する。価格はオープン。


 AVCテクノロジージャパン(矢野間也寸志取締役COO)は、「TSUTAYA」をフランチャイズ展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC、増田宗昭社長)に対して、デジタルオーディオプレーヤー「SIGNEO(シグネオ)」の「TSUTAYA」向け専用モデル「SN-T100 TSUTAYA Edition」のODM供給を開始する。専用モデルは、全国の「TSUTAYA」各店において11月20日から販売開始する。価格はオープン。

 今回のODM供給は、「SIGNEO」ブランドの浸透とシェア拡大を図るための戦略の一環。CDやDVDを始めとする音楽ソフトのレンタル・販売を行う「TSUTAYA」での販売展開は、デジタルオーディオプレーヤーの購入メリットが高いとみられる「TSUTAYA」の顧客に対して、「SIGNEO」製品をダイレクトに訴求できるだけでなく、全国規模でフランチャイズ展開する「TSUTAYA」の広範な販売網を通じた拡販を見込んでいる。

 同社はまた、通信販売業のジャパネットたかた(高田明社長)が新たに販売するデジタルオーディオプレーヤーの新製品に対しても、「SIGNEO」の「ジャパネットたかた」向け専用モデル「SN-J160」のODM供給を開始する。「ジャパネットたかた」の購買層を考慮し、初心者が気軽に始められるよう、リーズナブルな価格と高い操作性を実現した入門モデルで、11月から販売を開始する。価格はオープン。

 これまでも、家電量販店やパソコンショップといった一般的な販路と併せて、直販サイト「SIGNEO eDirect(シグネオ・イーダイレクト)」などを通じてネット通販を展開しており、「ジャパネットたかた」へのODM供給は、それを一歩進めた新たな拡販戦略の一環。これによって、テレビ・ラジオのほか、新聞チラシ、カタログ、インターネットなど多彩なメディアを駆使する「ジャパネットたかた」の強力な販売網による全国規模での販売展開が可能になる。