シーエフ・カンパニー(但木 守代表取締役)は、米ソケットコミュニケーションズ社製の「RFタグもバーコードも両方とも読めるCFカード」を、9月下旬から販売開始する。価格はオープン。

 1枚のCFカードに、「RFタグリーダーライター」機能と「バーコードリーダー」機能を集積したもの。PDAを利用してRFタグとバーコードの両方が読み取れるため、安価で柔軟性のあるシステムを構築できる。

 カードにはキーボードエミュレータを付属しており、読み取ったデータは自動的にテキストデータとしてコンピュータに送出する。オプションでSDKも用意しており、業務アプリケーションへの組み込みも可能。

 RFタグの実用化にともない、バーコードと併用するケースが増加しているが、これまでは、RFタグリーダーライターとバーコードリーダーライターの両方を持たなければならなかった。RFタグリーダーとバーコードリーダーの両方の機能を備えたハンディターミナルも製品化されているが、非常に高価であるため、市場への普及が進展していなかった。新製品の投入で、こうした実情に対応する。