オリンパスイメージング(大久保雅治社長)は、初心者向けで5.0メガピクセルのコンパクトデジタルカメラ「CAMEDIA FE-110」を10月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後。

 簡単で使いやすい操作に徹底的にこだわった初心者向けのコンパクトデジタルカメラ。従来機種の簡単操作を継承し、デジタルカメラの基本操作である、撮る、見る、消すといった主要な操作を「1ボタン1機能」を基本に設計。「撮影ボタン」と「再生ボタン」のほかに、画像を削除する「削除ボタン」、操作の途中で初期設定に戻すことのできる「リセットボタン」をそれぞれ独立したボタンとした。

 また、メニュー画面では各種の項目をスムーズに選択できるようデザインを工夫しているほか、各撮影機能やモードの選択画面で簡単な説明文が液晶モニタ上に表示される「ヘルプガイド」を搭載する。

 基本機能は5.0メガピクセル、光学2.8倍ズームとデジタル4倍ズームの併用によって約11倍ズームが可能。このほか28MBの内蔵メモリを搭載し単3電池を同梱、購入後すぐに撮影を楽しめる。