トレンドマイクロ(エバ・チェン代表取締役兼CEO)は日本記念日協会認定の「パソコン救急の日」である9月9日、個人ユーザー向けの有償出張サポートサービス「ウイルスバスター レスキューサービス」の提供を開始した。


 トレンドマイクロ(エバ・チェン代表取締役兼CEO)は日本記念日協会認定の「パソコン救急の日」である9月9日、個人ユーザー向けの有償出張サポートサービス「ウイルスバスター レスキューサービス」の提供を開始した。

 「トレンドマイクロ 個人向け認定レスキューパートナープログラム」に参加するパートナー企業が、個人ユーザーに訪問レスキューサービスを提供するもの。ユーザーがパソコンの動作やウイルス感染などで困ったときなどに、紹介ページから地域や予算にあわせて会社を選び、出張サポートを依頼。その後、トレンドマイクロの認定資格を取得した「個人向け認定レスキューパートナー」のスタッフがユーザーの自宅を訪問し、ウイルス駆除等のサポートを行う。

 また、同社サイトには、レスキューサービスを行うパートナー企業「個人向け認定レスキューパートナー」の紹介ページを用意、最寄のパートナー企業を簡単に検索できるようになっている。なお、サービス内容や料金はパートナー会社によって異なる。