マイクロソフトは、デジタル写真の整理と編集が可能な統合型デジタル イメージングソフト「Microsoft Digital Image Pro 2006」「同 Album 2006」を9月9日に発売する。価格(税別)は「Image Pro 2006」が1万3800円、「乗り換えアップグレード版」が1万800円、「Album 2006」が6800円。

 「Image Pro 2006」は、デジタル写真を素早く閲覧、整理できる「Digital Image Library」と、高度なレタッチ機能を統合したフォトレタッチソフト。新たにカメラRAW形式の画像も閲覧、整理が可能になったほか、モノクロ写真作成ツールなどを搭載した。このほか、スライドショー作成アプリケーション「フォト ストーリー 3.1」を付属する。

 一方、「Album 2006」は、デジタル写真の整理機能を中心に、自動補正ツールを搭載。手間をかけずに写真の整理、補正、プリントを行うことができる。さらに、ビデオファイルにも対応し、写真だけでなく動画もまとめて整理することが可能。

 共通する特徴は、(1)AVI、MPEGなどのビデオファイルに対応、(2)取り込んだ写真は、撮影日、ファイルサイズ、ファイル形式、カメラ機種などをもとに整理、(3)写真のトリミング時に、美しい構図とされる“黄金分割”のルールを適用できる、(6)Windows Media Player 10対応モバイルデバイスと同期可能――など。

 「Image Pro 2006」のほぼ全機能を30日間試用できる「Digital Image Starter Edition 2006」の無償ダウンロードや、早期予約購入者を対象とした発売記念キャンペーンを実施する。