NTTドコモグループ9社は、世界で初めて、AM、FM、TVの3バンドに対応したラジオチューナー搭載携帯電話「RADIDEN(ラジデン)」(mova)を開発した。

 片面が携帯電話、片面がラジオの「デュアルフロントデザイン」を採用。携帯電話とラジオの機能を独立させ、「一発選局7つボタン」「ラジオ専用の液晶」など、ポータブルラジオと同等の操作性を実現した。

 メインディスプレイの液晶の輝度を向上させるとともに、本体のボタン部分などの文字は、携帯電話機能は白、ラジオ機能はアンバー(オレンジ)に色分けするなど利便性にも配慮。ラジオを聴きながらでも、iモードやメールを利用できる。

 サイズは、高さ117mm×幅49mm×厚さ20mmで、重さは122グラム。連続待受時間は約320時間、連続通話時間は約120分。連続ラジオ再生時間は、AMが約20時間、FMが約14時間、TVが約13時間。メインディスプレイは約1.9インチ(縦160ドット×横128ドット)、半透過型TFT液晶6万5536色。ラジオ用サブディスプレイは縦16.7ミリ×横23.1ミリ、TN液晶1色。

 なお、銀座ソニービルのソニーショールーム、台場メディアージュのソニースタイル、大阪・梅田のソニースタイルストアの3か所で、「RADIDEN」を事前に体験できるコーナーを8月30日から設置する。