クリエイティブメディアは8月26日、7月下旬から製造出荷されたデジタルオーディオプレーヤー「Creative Zen Neeon」本体の一部に、ワーム型ウイルス「W32.Wullik.B@mm」が混入していたと発表した。


 シマンテックによると「W32.Wullik.B@mm」は大量メール送信型のワーム。Outlookのアドレス帳にあるすべてのアドレスにメールを送信しようとする。メールは本文が中国語で「W32.Wullik.B@mm」自身が添付されている。被害状況とダメージは「低」、感染力は「高」。

 ワーム混入は特定ロットで発生しており、具体的にはZen Neeonの日本への出荷割り当て約3,700台のうち5%以下、その他の地域も含めた総数の1パーセント未満が該当する。「Zen Neeon」の最終パッキング作業工程で発生したもの。原因となった問題は修正され、また他の全てのクリエイティブ製品については影響がないことを確認したとしている。

 同社では「Creative Zen Neeon」の出荷を停止、該当ロットの回収をはじめた。対象はシリアル番頭が「M1PF1230528000001M ?M1PF1230533001680Q」の範囲のモデル。「Creative Zen Neeon 5GB」の「パープルモデル(型番CZN5G-PU)」「ブルーモデル(型番CZN5G-BL)」「オレンジモデル(型番CZN5G-OR)」「レッドモデル(型番CZN5G-RD)」「シルバーモデル(型番(CZN5G-SL)」が該当する。なおグリーン、ダークブルー、イエロー、ピンク、ブロンズの各モデルに関しては問題は発生しておらず対象外。

 問合せ窓口の電話番号は03(3256)5577で、平日の9:30?20:00、ただし8月27日と28日の週末は対応している。別途専用サポート電話の開設も予定しており、開設日は同社Webで発表する予定。