ユーリードシステムズ(ピーター・リン社長)は8月24日、日本ビクターと共同で、DVDディスクにあらかじめプログラムを組み込む「プログラムプリライト技術」を開発し、この技術を用いたインストール作業、説明書不要のソフトウェア「デジ物語」2製品を10月7日に発売すると発表した。

 「デジカメで撮影した写真をプリンタで印刷するだけでなく、リビングのテレビで楽しむデジカメ写真の鑑賞を提案したい」(日本ビクター・上田正人メディアカンパニー記録メディア事業センター事業企画室事業推進担当部長)という主旨のもと、ユーリードシステムズが製品化した。デジカメやビデオカメラを使うが、パソコンには慣れていない初心者をターゲットとし、簡単、快適にオリジナルディスクを作成できることを訴求する。

 今回発売するのは、デジカメ写真をスライドショーにする「デジ物語 デジカメ編」と、デジタルビデオカメラの映像をDVDにする「同 ビデオカメラ編」の2つ。今後ラインアップの強化を図り、「2007年に20タイトルに拡充し、80万枚の販売を目指す」(ユーリードシステムズ・松延俊英プロダクトマネージメント部課長)。

 「デジ物語」は、プログラム付DVD-RWメディア3枚組みで1パッケージとなっており、違法コピー防止機能が付いているため1メディア1回の使用に制限される。作ったオリジナルディスクについてはコピーできる。価格は4170円。