日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ(立花和弘グループ長&CEO)は、世界で初めてハイビジョン2番組同時録画を実現したハイビジョンHDD/DVDレコーダー「Wooo」シリーズ4機種を9月下旬から順次発売する。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナー2系統(6機能)、地上アナログチューナー1系統(1機能)の計7チューナー機能を搭載し、ハイビジョンを含むどのデジタル放送でも同時に2つの番組が録画できる「デジデジ2コ録り」に対応したのが特徴。ハイビジョン映像を128時間録画できる世界最大容量の1TB(テラバイト)HDDを搭載したモデルも用意した。

 また新たに、HDDの大容量化や同時録画の実現で増える録画番組数に対応するため、番組名やジャンル、チャンネルなどのさまざまなキーワードをもとに、録画番組を自動的に整理・分類表示する「ワケ録」機能を搭載。多数の録画番組から目的の番組をすばやく探し出すことができる。

 価格はオープンで、実勢価格は、(1)HDD容量1TBの「DV-DH1000W」が23万円前後、(2)500GBの「DV-DH500W」が17万円前後、(3)250GBの「DV-DH250W」が15万円前後、(4)160GBの「DV-DH160W」が13万円前後の見込み。最上位モデル「DV-DH1000W」のみ10月下旬発売、その他は9月下旬発売。