ジャストシステムは、小説、俳句・短歌、自分史など文芸活動での用途に最適化した日本語ワードプロセッサ「一太郎 文藝」を、一太郎20周年を記念して2000本限定で9月22日に発売する。価格は税別5万円。

 ジャストシステムは、小説、俳句・短歌、自分史など文芸活動での用途に最適化した日本語ワードプロセッサ「一太郎 文藝」を、一太郎20周年を記念して2000本限定で9月22日に発売する。価格は税別5万円。

 作家・評論家の紀田順一郎氏の監修のもと、創作に適したインターフェースを新たに設計、多彩な文字表記や繊細で豊かな日本語に配慮した表現を支援する機能を搭載した文芸専用のプロユースモデル。市販の文芸書と同じ体裁にできるテンプレートを多数用意し、作品を見栄え良く仕上げることができる。

 20字×20行の縦書き原稿用紙画面を標準インターフェイスとして採用し、文芸作品を創作するうえで使用頻度の高い機能を厳選した。傍点やアンダーライン、文字の縦中横・回転、総ルビ、ルビなどの設定も簡単にでき、400字詰め原稿用紙換算で、何ページ目の何行目を書いているのかを常に画面上に表示するので、手書きからの移行でもスムーズに使いこなせる。

 また、明治以来、小説や新書、辞典などに広く使われてきた大日本印刷のオリジナル活版印刷用活字「秀英体」フォントを、パソコン用ソフトで初めて搭載し、これまで使用できなかった趣きのある美しいフォントでの表現が可能になった。

 このほか、「一太郎 文藝」専用辞書の搭載で、明治以来の活字字体である康熙字典体(こうきじてんたい)、「歌記号」や「より」などの記号類も、変換候補のなかから簡単に選択可能。さらに、創作活動に専念できるよう、本の作り方やよく使う機能などを解説した冊子「一太郎 文藝の世界」を同梱。一年間、何度でも利用できる無償サポートも提供する。