日本出版販売(日販、鶴田尚正社長)は、48時間限定で鑑賞可能なDVD、「48(よんぱち)DVD」を、首都圏1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のコンビニエンスストア(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト)と、「48DVD」オリジナルサイト、楽天市場で9月17日に発売する。

 日本出版販売(日販、鶴田尚正社長)は、48時間限定で鑑賞可能なDVD「48(よんぱち)DVD」を、首都圏1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)のコンビニエンスストア(ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、生活彩家、くらしハウス、スリーエイト)と、「48DVD」オリジナルサイト、楽天市場で9月17日に発売する。

 今回発売する作品は、アカデミー賞で最多5部門を受賞したレオナルド・ディカプリオ主演の「アビエイター」、杉本彩主演の「花と蛇」、香港TVドラマシリーズの「カンフーサッカー オープニングスペシャル版」の3タイトル。価格は店頭販売、インターネット通販ともに各600円。3作品で10万枚の販売を目指す。

 「48DVD」は、特殊な樹脂でディスクの表面をコーティングし、真空パッケージ開封後、約48時間で空気に反応した樹脂が光を通さなくなって再生不可となる独自技術を採用したDVD。パッケージ開封後48時間以内は何度でも鑑賞可能で、映画を中心とした映像コンテンツの新しい楽しみ方を提案する。同社は、この技術の特許をもつ米Flexplay社と国内独占販売契約を05年7月に締結しており、48時間で再生不可となるメディアの特性を生かした販促ツールとしての用途開発も積極的に進めていく予定。

 見終わったDVDディスクは、パッケージ内に同封されている料金受取人払い封筒に入れて返送する仕組み。回収したDVDディスクは、オリエント測器コンピュータと協力し、リサイクル品として再生する。