マイタックジャパン(飯田禎彦会長)は、Mio Technology製のモバイルナビゲーションシステム「Mio168RS」の「ベーシックプラスセット」を8月10日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万9800円。

 本体とナビゲーションシステムだけの販売を求める声や、自動車以外の徒歩や自転車でのナビゲーションシステムのニーズにも応え、価格を抑えたシンプル構成の「ベーシックプラスセット」を発売。ユーザーが所有するSDカードなどを流用して「Mio168RS」を使うことを前提に、必要に応じてSDカードや車載キットなどのオプションを追加することができる。

 「Mio168RS」は、GPSアンテナなどを内蔵したパーソナルナビゲーションソフト「MioMap」を搭載したモバイルナビゲーションシステム。今年2月に「MioMap(Ver1.0J)」搭載モデルを発売、7月には、購入後すぐに使えるよう、Map情報をプリインストールした1GBのSDカードや、車載キットを付属した「MioMap(Ver1.2J)」搭載モデルを「標準セット」(実勢価格は7万3290円)として発売した。