コダック(小島佑介社長)は、A4サイズまで対応するフラットベッド搭載デスクトップ型業務用ADFドキュメントスキャナ「コダック イノベーション スキャナ i55」と「同 i65」を8月10日に発売する。税別価格は「i55」が17万8000円、「i65」が24万8000円。

 現行のコンパクトサイズ業務用ADFドキュメントスキャナにフラットベッドを搭載。ビジネス文書だけでなく、本のように厚みのあるもの、傷みやすい書類、新聞や雑誌の切り抜き、名刺のような小さなもの、写真なども簡単にスキャンできる。「i55」は片面読み取り、「i65」は両面読み取り対応。ADF使用時は、片面、両面ともに白黒で毎分36枚(A4縦送り、200dpi)、カラーで毎分25枚(A4縦送り、150dpi)の読み取りができる。

 このほかの特徴は、(1)傾き修正や余白部の枠消しを自動で行う「PerfectPage」搭載、(2)書類ごとのコントラストとしきい値を自動認識し、最適値でスキャニングする「iThresholding」搭載、(3)ADFは長さ86cmまでの長尺書類がスキャン可能、(4)USB2.0採用、(5)専用ソフトウェア「コダック キャプチャソフトウェア ライト」を標準同梱――など。

 各種申込書を扱う銀行、証券、保険、クレジットなどの金融機関、カルテや処方箋を扱う医療機関など、定型サイズ以外のさまざまな書類が日々発生する現場での利用を提案していく。