AVC Technology Japan(エーブイシー・テクノロジー・ジャパン、矢野間 也寸志取締役・COO)は、フラッシュメモリタイプの「SN-F100」と「SN-F110」の携帯オーディオ2モデルを8月5日に発売する。

 製品名の「F」は、親しみやすさを表す「Familia(ファミリア)」から取ったもので、(1)鏡面加工を施した美しいディスプレイや使用頻度の高いボタンを本体前面に配置し、使いやすさに配慮した「SN-F100」、(2)鮮やかなパステルカラーと柔らかな曲面を生かし、パフュームボトルをイメージした「SN-F110」――の2モデルをラインアップした。

 ともに手ごろな価格帯のエントリーモデルながら、ボイスレコーダー機能やFMチューナー、視認性の高い有機ELディスプレイを搭載しており、乾電池電源方式で、使い勝手や携帯性にもすぐれている。連続再生時間は約15時間。

 価格は、「SN-F100」「SN-F110」ともに、256MBが8980円、512MBが1万2800円、1GBが1万8800円。カラーは、「SN-F100」がシルバー/ネイビー/レッド、「SN-F110」がホワイト/パステルブルー/パステルピンクの各3色。