日本ビクターは、レンズ交換に対応した初の業務用HDVカメラレコーダー「GY-HD100」と業務用HDVレコーダー「BR-HD50」を9月下旬に発売する。価格は「GY-HD100」が87万1500円、「BR-HD50」が52万5000円。

 「GY-HD100」は、放送局やハイエンドユーザー向けのコンパクトショルダータイプのハイビジョンカメラで、HDV規格のビデオカメラとして初めてレンズ交換に対応した。高精細なHDV720p記録再生に加えて、従来のDV(SPモード)記録再生も可能。映画フィルムと親和性の高い24p記録再生にも対応し、24fps映像のデジタルによるフィルム合成処理や、ビデオ映像をフィルムに変換するキネコなども容易に制作できる。

 さらに、ビューファインダー、LCDディスプレイを一時的にモノクロにし、画面中のフォーカスの合った画像のエッジ部のみカラー表示することで瞬時のフォーカス調整が可能(特許申請中)。

 「BR-HD50」は、HDV/DVノンリニア編集システムに対応する高精度なプレーヤー/レコーダー。ミニDVカセットに加えてスタンダードDVカセットに対応し、長時間記録が可能。DVCAM方式の記録済みテープも再生できる。また豊富な入出力端子を装備。IEEE1394入出力、コンポジット入出力(SD)などに加え、デジタル接続が可能なHDMI出力端子を装備する。